ヘッドホンアンプをつくる

ヘッドホンアンプをつくる

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
出力バッファICとACアダプタ電源でお気楽(かも)ディスクリヘッドホンアンプ。
SemiFull

いわゆる古典的OPアンプ回路とかいうもので、差動増幅カレントミラー負荷エミッタ接地折返し出力バッファ。出力バッファICは入手性、価格、DIPパッケージな点からLT1010がなかなか良いです。あとは全てA1015/C1815できめます。
SemiFull_HphAmplifier_Schematic.png

SemiFull_Amplifier_RealSchematic.png
回転対称配置の実体(こんなんで良いんだろうか・・・)

ACアダプタ電源はトラ技の記事を参考にしたもので、2回路入OPアンプの1方を仮想GND回路、もう一方をシリーズレギュレータの誤差アンプとして使う方式。記事ではLDOレギュレータとしていたが、なんか安定しないので一般的な物に変更。(2SA1358なのはその名残りで(LDOなのでエミッタ接地出力)そのまま2SA1358が使えるインバーテッドダーリントンのエミッタフォロア出力した。LDOの場合エミッタ接地出力なので、OPアンプの+/-端子の接続はこれと正反対となりますが。)
SemiFull_ACadaptVlGND_Schematic.png
R1:22Ωは2mAくらいにしたかったと言うだけで、数mAになるんであれば何でも良い(又は無し)と思われます。

SemiFull_ACadapterVGND_RealSchematic.png
レギュレータが付き、電圧をある程度自由に変えられるから(±4.5~10.5Vくらい)多少便利になりますが、ACアダプタのスイッチングノイズ除去には微妙と思われます。やはりACアダプタのノイズ関連は専用フィルタ、村田製作所BNX002-01にお任せとなりますね。


シミュレーションではこんな感じ。
SemiFull_Simu.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ
発振寸前だそうです・・・orz



721氏による発振(寸前)対策案



これでよろしいんでしょか? (´Д`;) このページのトップへ
2がフォールデッドカスコードと来れば、3は電流帰還ですよ。(?)


ガワは2のを使い回しw

回路は、電流帰還型OPアンプの等価回路図で良く見掛けるタイプを
そのまま使っておきます・・・(ここの図2)



・・・・。
よくわかんないけど、無事動きました ;´Д`)


実体配線図(参考)



このページのトップへ
前機で試したところ、環境にもよるだろうけど、ニッ水電池4本の正負2.4Vでも
十分音量が取れるのでした。
それならもう遠慮は要らないわけですよ(笑





↓参考程度でお願いしますよ(^_^;)






↓ま、普通にこうゆう使い方でもOKなわけですが・・・



このページのトップへ
Solidstate man 氏が製作してくださった。
更に±12V終段4パラバージョンまで。感謝。 このページのトップへ

FC2Ad

まとめ

Information

tukututayo
  • Author: tukututayo
  • ようこそ!

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。